ノーマルマップをサブスタンスペインターでマスクとして使いたかったのでマスク画像作成からペイントまでの工程を備忘録としてまとめます




Normal Mapをサブスタンスデザイナーで白黒マップに変換する



まずサブスタンペインターでマスクを使うには白黒画像が必要なのでサブスタンスデザイナーで白黒画像を作成します

サブスタンスペインターを起動させて新規パッケージを作成後、ドラッグアンドドロップでノーマルマップを読み込みます

ノーマルマップが読み込まれたらノードを接続して白黒マップを製作していきます

Normal to height ノードを接続し、その後AO(アンビエントオクルージョン)ノードを接続して白黒マップを作ります

必要であれば濃さを変更する事が出来ます

AOノードアクティブ状態(選択している状態)で右メニューのインスタンスパラメーター内にあるHeight Depthスライダーをいじると濃くなったり薄くなったりします

またNormal to heightノードの方でも濃さが調整できます

こちらもアクティブ状態でインスタンスパラメーター内にある全体的な不透明度スライダーで調整できます

画像見る限りAOノードと比べるとこちらの方がスライダーMAX値の時濃さでは劣る感じですね

ここまで出来たらサブスタンスデザイナーの作業は終了で画像を 出力 (書き出し)します

出力ノードを上の項目から引っ張ってきてAOノードに繋いで新規で作ったグラフ(下画像で言うところのSubstanceグラフ)のところで右クリックからのビットマップとして出力をエクスポートで出力できます

以上がサブスタンスデザイナーでの作業です

続いてサブスタンスペインターでの作業を書きます





サブスタンスペインターで作った画像を読み込む



サブスタンデザイナーで作った画像をサブスタンスペインターに読み込んでマスクとして使います

外部画像を読み込むにはファイルからリソースを読み込みを選択

ポップアップでウィンドウが開くので、リソースを追加から読み込みたい画像を選択し、未定義部分をalphaにします
(今回はマスクとして使うのでアルファになりますが、ノーマルマップだとtexture、環境マップだとenvironment、特定のカラーグレーディングを使う場合colorlutwoを選択します。 colorlutwoは何かわからなかったのでググって記載しましたが今だによくわかっていません)

次にリソースの読み込み方法を現在のセッション、プロジェクト、ライブラリの中から選びます
(現在のセッションはサブスタンスペインターを閉じると読み込んだ画像も一緒に消えます。プロジェクトは今ペイントしているデータと連動します。一度閉じて今ペイントしているデータを読み込むと、画像も一緒に読み込まれます。ライブラリはサブスタンスペインター本体事態に保存すると思ってもらって構いません。プロジェクトに限らず起動する度に画像も一緒に読み込まれます。)



ここでは現在のセッションを選んで読み込みボタンを押してマスク画像読み込み完了です

それではペイントしていきます

レイヤーから塗りつぶしレイヤーをクリックして塗りつぶしレイヤーを追加します

塗りつぶしレイヤー1を選択状態のまま右クリックで黒のマスクを追加を選択
(マスクは下画像の右上部分)

黒のマスクを追加したら、塗りつぶしレイヤー1に黒い四角が出来るのでそれを選択状態のままプロパティ-ペイントに切り替えます

切り替えたらメニューが出てくるので中央付近にあるアルファチャンネルに先ほど読み込んだマスク画像をドラッグ&ドロップかアルファチャンネルをクリックすると画像選択になるんで選んで適応します

これでマスクを使ってペイントする準備が整いました

あとは色塗りをしていくだけです

試しに塗ってみるとこんな感じになりました

ちゃんと画像の通りにペイント出来ているのがわかります

以上がサブスタンスデザイナーで白黒画像を作ってサブスタンスペインターでマスクとして使うやり方です

マスク画像は黒は色が乗らない所で白は乗る部分なのでそこを理解して作成すれば色々応用が利くかと思います

Tags:

No responses yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。